ようこそ!蒲郡ライオンズクラブへ

ライオンズクラブとは、世界に広がる社会に奉仕する団体です。

 

最近の出来事

    • 平成30年7月8日(日)、蒲郡市民体育センターにて第45回蒲郡少年兼同大会が開催されました。
    • 平成29年4月25日、蒲郡クラシックホテルにて当クラブCN55周年の式典を行い、周年記念事業の活動の成果を発表させていただきました。
    • 平成28年10月30日、CN55周年記念事業として「タウンウオッチング」開催しました。
 
 2018-19年度会長挨拶
   笑顔で届けよう ウィ・サーブ

L高橋公和  

蒲郡ライオンズの皆様改めましてこんにちは。例会に先立ち、前会長よりバッチとゴンを引き継がせて頂きました。56年間と言う長い年月をかけて、引き継がれてきたと思うと、重くて、熱い思いを感じながら大事にしていきたいと思います。
 この度蒲郡ライオンズクラブの第57代会長を拝命する事になり、あいさつをさせて頂きます。伝統ある蒲郡ライオンズクラブ会長と言う事で非常に緊張しています。56年と長きにわたり先人たち及び皆様方のお力で素晴らしい実績を残されました。今期もその流れを継承しつつ努めてまいりたいと思います、が何しろまだ入会して7年しか経過していなく、まったくの素人で皆様の足手まといにならないように熱意をもって努めてまいりたいと考えます。幸いにも幹事の小田公康L、会計の鈴木伸昭Lが超ベテランで経験豊富でございますので、意見を聞きながら、後、皆様にご指導ご鞭撻を仰ぎながら進めて行きたいと考えていますがよろしくご指導くださいますようお願いします。
 ところで、クラブスローガンとして私が掲げたのは、(笑顔で届けよう、ウイサーブ) としました。これは、何の根拠もございません。が、どちらにしても、奉仕活動をするなら、皆様で笑顔でしませんか?その方がする方も、される方も、楽しいのではないかと思いました。笑顔で奉仕活動を実践しようと言う強い思いからこのスローガンに至りました。
 また、私ごとですが、蒲郡市に九州より移住してもうすぐ50年がたとうとしています。我が愛する蒲郡、市民の世代を超えた人たちの意見に耳を傾けながら何をすれば喜んで頂けるか、皆様方との委員会を通じて活発な意見を出し合って頂き有意義なアクティビティにつなげていけたらと思います。
バッチ伝達 また例会においては、会員スピーチの場を増加して皆様の個々に、より一層の理解を深めき和やかな、例会を目指したいと考えます。今年度はテールツイスターの指名による1分以内スピーチを実施して頂きたいと思っています。、会員皆様の近況報告業界報告等、趣味報告、等をスピーチして頂き会員の皆様方の相互理解を深めて頂く場を作りたいと思います。 また、今年度は4名の新入会員を皆様で探して頂きたいと思います。その内2名は女性の方を増員したいと思います。どうか会員委員会の皆様方と御協力頂き探して頂きたいと思います。と申しますのは、今年度は国際会長がアイスランドの女性の方でグドラン氏と申します、また334-A地区ガバナーがまた女性で、浜島清美氏、65才の方です。地区ガバナーのスローガンが「明日へつなぐ奉仕の心。地域とともにウイ・サーブ」だそうです。アイスランドの国は人口が334,000人でライオンズマンが3000人いるそうです。この事は私もびっくりしました。極端に申しますと100人に1人はライオンズに入会していることになります。本当にすごいと思いました。また先日ライオンズの国際大会がラスベガスで開催されました。私も今回は参加することが出来ました。ラスベガスは日中40度以上で2時間程行進するのは大変でした。一番つよく感じたのは参加者に日本のライオンズマン、ライオンズレディーが、一、二番を争って多かったことです。

 最後になりますが、また会う日までの合唱はほんの数分ですから かつあいではなく極力合唱して頂きたいと思います。司会の方は極力、御協力の程お願いします。まだ未熟な私ですが、優秀な幹事、会計、理事メンバー、会員の皆様方にご指導頂きながら、1年間精神誠意努めさせて頂きます。

 どうか、一年間宜しくお願いしまして私の挨拶に代えさせて頂きます。ご清聴有難うございました。

    第57期会長 L高橋公和

 

ブログ

2018年11月15日
第9回蒲郡市日本語スピーチコンテスト開催
2018年10月10日
竹島海岸クリーンキャンペーン
2018年9月25日
第2回竹島GardenPicnicにおける献血活動
2018年9月17日
ガバナー公式訪問合同例会